• person
  • person
  • person
  • person
  • person
  • person
button

About

アバウト

「生まれ変わって、人生楽しく生きてやる!」
そんな決意を胸に秘め、真面目な中学生だった拓海は、「不良」として来夢高校に入学。
入学式の日、拓海は 5 人の不良たち――
ヤマト、道、大也、龍之介、真貴と出会う。彼らもまた、人生をやり直したいのだと言う。
意気投合し、高校生活を謳歌していた6人だったが、あることをきっかけに3年不良グループと大ゲンカに。
そんな折、不良グループが文化祭でライブを開催することを知る拓海たち。
「そのライブ、俺らでぶっ壊してやろうぜ!」
怒涛の不良系アクション青春コメディー、ここに誕生!!

「生まれ変わって、人生楽しく生きてやる!」
そんな決意を胸に秘め、真面目な中学生だった拓海は、「不良」として来夢高校に入学。
入学式の日、拓海は 5 人の不良たち――ヤマト、道、大也、龍之介、真貴と出会う。彼らもまた、人生をやり直したいのだと言う。
意気投合し、高校生活を謳歌していた6人だったが、あることをきっかけに3年不良グループと大ゲンカに。
そんな折、不良グループが文化祭でライブを開催することを知る拓海たち。
「そのライブ、俺らでぶっ壊してやろうぜ!」
怒涛の不良系アクション
青春コメディー、ここに誕生!!

アバウト アバウト

アバウト アバウト

アバウト アバウト
  • ・12歳~25歳の女性/男性(2021年3月末時点)
  • ・アマチュア(特定の芸能事務所に所属していない方)
  • ・国籍、身長、経験不問
  • ・二次審査以降の審査にご参加いただける方
アバウト アバウト

WEBサイト/アプリ「ドリジョブ」からのエントリー
※アマチュアのみ
【①上半身】【②全身】が写っている計2枚のお写真を
データにてご用意ください。

button

Schedule

button

button

応募受付:
2020年11月20日(金) ~ 12月24日(木)

button

審査期間:
2020年12月5日~ 12月26日

審査期間:
2020年12月5日~12月26日
東京・大阪・福岡の3都市で開催
東京:12月5日(土)/12月6日(日)/
12月19日(土)/12月26日(土)

大阪:12月12日(土)/12月13日(日) /12月20日(日)

福岡:12月20日(日)

button

審査期間:
2020年12月7日~2021年1月5日

button

審査期間:
2021年1月7日~1月15日

button

2021年1月中旬予定(場所未定)

button button

武藤 淳(むとう じゅん)

1999年TBS入社。
テレビドラマ演出家。 現在はTBSスパークルに出向し、テレビドラマのみならず、舞台の企画・演出も行っている。

▼テレビドラマ作品
ブラザー☆ビート(TBS)/クロサギ(TBS)/タイヨウのうた(TBS)/花より男子2(TBS)/ジョシデカ!-女子刑事-(TBS)/エジソンの母(TBS)/ROOKIES(TBS)/本日も晴れ。異状なし(TBS)/こちら葛飾区亀有公園前派出所(TBS)/生まれる。(TBS)/ビギナーズ!(TBS)/クロコーチ(TBS)
▼舞台作品
恋するハローキティ(2009年 青山円形劇場)/絢爛とか爛漫とか(2010年 新宿シアターモリエール)/女生徒〜さよなら、モラトリアム~(2019年 下北沢OFF・OFFシアター)/その場忍びの茨城スッパーズ(2019年 劇場MOMO)/Three Rage(2019年CBGKシブゲキ!!)/LIFE RESET?(2020年 赤坂RED/THEATER)

button

Partner

Cooperation

button

  • 今回のオーディション応募による審査費用は、一切発生しません。
  • 審査会場への移動など審査過程における会場への交通費は各自のご負担となります。
  • 未成年の方は必ず保護者の同意を得た上でエントリーをお願いします。
  • 他薦エントリーでのご応募の際、推薦者は必ずエントリーをされる前にご本人(候補者)の同意を得た
    上でご応募をお願いします。
  • 選考の過程で収録・撮影された肖像等を本オーディションに関連するテレビ、雑誌WEB等各種メディアで
    使用する場合がありますので予めご了承ください。
  • Twitter・Instagram・FacebookなどのSNSで、合否や審査に関するいかなる投稿も固く禁じます。
  • オーディション事務局からメールをお送りします。迷惑メールなどの設定の解除をお願い致します。
button

主宰:高校デビューず実行委員会
企画/制作:株式会社ツインプラネット